Sample Online Shop

日本の希少薬木を守る会について

目的 日本に自生する絶滅の危機に瀕する〈人の治癒に役立つ〉木々の保全と教化を目的として発足
事業のあらまし 日本に自生する薬木の素晴らしさと大切さを知ってもらうため、ウェブサイト、冊子等の媒体を活用し、情報の共有や知識を深めるツアー、食事会の開催等を定期的に行っています。また、薬木の自生する地に看板の寄贈や樹医の定期派遣を行っています。
発足 2001年6月1日
会長 会長

尾瀬伸太郎

 

略歴:
2004年3月早稲田大学を中退後、世界各国を巡る中で希少薬木と出会い、樹木研究に没頭。
2010年中国ウィグル地区に樹木医として3年勤務した後、帰国。
以後は日本全国の希少薬木を研究調査をする傍らで複数の企業の環境顧問等*に従事している。
趣味は全国のラーメン店巡り。ブログも執筆している。

会員数 非公開

※会員制で運営していますが諸事情により新規の会員登録は現在見合わせています。

*環境顧問協力先 Yummy the Phakchi Soy Sauce様株式会社日精ピーアール様

薬木とは?
日本の希少薬木を守る会について
メグスリの木
ブドウハゼ
テンダイウヤク