日本の希少薬木を守る会

メグスリの木

メグスリノキ

メグスリノキは、日本だけに生息するムクロジ科カエデ属の落葉高木です。またの名を、「長者の木」「千里眼の木」とも呼ばれています。戦国時代からの民間療法で、樹皮を煎じた汁を目薬として使用すると効能があると伝えられています。また、樹皮や葉っぱ、枝などにはタンニンの一種の「ロドデンドロール」、「カテキン」といった成分が含まれていて、抗菌効果や利尿作用を促進する効能があります。

薬木とは?
日本の希少薬木を守る会について
メグスリの木
ブドウハゼ
テンダイウヤク